Top > リコイルコントロール

リコイルコントロール(手動補正)とは :近~中距離戦での技術 Edit

リコイルとは銃を撃った時の反動のこと。リコイルコントロールは、弾を連射するごとに照準からぶれる弾を、マウスの操作で補正して、集弾率を上げることである。
弾を連射するうち方は、「近~中距離」で使う。この距離では1秒たらずで勝負がつく。まっすぐ飛ぶ初弾は相手の頭を狙い(ヘッドショット)即死を狙うが、ヘッドショットを逃した場合はその後に続く連射で殺すことになる。しかし、武器によっては連射することで照準から大幅にずれてしまい、照準を敵に合わせたままでは弾があたってくれない。そこで、リコイルコントロールをし、敵に当たるように補正する。

AK47_1.jpg

上図は、照準を動かさず、AK47を10発ほど連射したときの弾痕である。AK47は、最初の2~3発はある程度照準に正確に向かうが、それ以降は大きく上にずれてくる。敵に照準をあわせて連発するだけでは全く当たらないということである。そこで、AK47のリコイルコントロールは3発撃ったところで照準をグッと下に下げることになる。


AK47_2.jpg

上図は、リコイルコントロールした結果である。照準がずいぶん下に来ている。かなり下まで下ろさないと敵に当たってくれないことがわかる。


リコイルコントロールは、AK47で最も重要であるが、その他にもM4A1、USP、MP5などでも必要になってくる。たとえばM4A1ではすーっとゆっくり下げる感じでリコイルコントロールする。それぞれの武器を壁に撃って見てリコイルコントロールの練習をしよう。

しゃがみも含めたリコイルコントロール Edit

しゃがむことでばらつきが少なくなる。しゃがむと止まってしまうわけで、敵の標的になりやすくなってしまうという欠点があるが、とりあえずそれは置いといてしゃがみを含めたリコイルコントロールを考えてみる。
しゃがむと、照準が少し下がるので、リコイルコントロールはそれを含めて行わなければならない。
まず、歩いて敵と遭遇した場合は立った状態である。立った状態から座る状態にする間に撃つと弾がぶれるので、初弾は立った状態で敵のヘッドを狙って撃つことになる~。
1:立った状態で敵と遭遇
2:立った状態で敵のヘッドに向けて一発killを狙う
3:殺しそこなった場合、弾を撃ちながら座る
4:リコイルコントロールしつつ敵に弾を当てる。
このうち方をすると、自分のヘッドの位置が変化するので敵の照準をはずしやすいという利点がある。なお、左右に移動しながら撃つほうが敵の照準をよりはずしやすい。立って撃つか座りうちするに変わるかは敵との駆け引きになる。

1.jpg
2.jpg

2枚の画像のうち、上のほうは立った状態で、下のほうは座った状態である。照準が少し下がっているのがわかる。

5.jpg

画像の一番左は、立ったままリコイルコントロール無しで撃ったもので、右のは座りながらリコイルコントロールをしたものである。照準はかなり下のほうに来ている。

ここで考えなければならないのが、敵も座った場合のことである。初弾は立っている敵のヘッドを狙うが、この後敵の行動パターンとして、
1:敵も、立ち撃ち→しゃがみ撃ちと変化してくる
2:敵は立ち状態で左へ右へと移動し、的をはずしながら撃ってくる
の二つが考えられる。
「2」の場合はヘッドを狙った状態で練習したリコイルコントロールしたあと、敵の動きに合わせて左右に振るだけでいいが、「1」の場合は敵の頭の位置が下がる。よって、照準は下がる敵の頭にあわせてさらに下げなければならない。
リコイルコントロールの練習をするとき、敵が立ち状態から座り状態に変わることも含めて練習しよう。

掲示板 Edit

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメントはありません。 リコイルコントロール/RecentNews?


添付ファイル: fileAK47_2.jpg 312件 [詳細] fileAK47_1.jpg 188件 [詳細] file5.jpg 183件 [詳細] file4.jpg 139件 [詳細] file3.jpg 145件 [詳細] file2.jpg 279件 [詳細] file1.jpg 290件 [詳細]

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 24 Jun 2013 00:19:17 JST (1402d)